Sticky

どの旅行会社にするかお悩みの方へ ANAの海外格安航空券の探し方

ANAの海外格安航空券は、やはり旅行社に相談するのが、いいでしょう。そのなかでも、その地域を得意とする専門的な会社がいいです。例えば中国行の場合、中国人スタッフ中心で営業しているところです。そういうところは、大手旅行会社よりも安く、条件があえば、他では売っていないほどの格安チケットも手に入ります。そういう激安チケットは、マイレージを使っての発券のため、マイレージが付きません。

マイレージによる発券

普通マイレージは、本人以外は使えませんが、旅行会社のなかには、航空会社と契約を結び、他人のマイレージを集めてチケットを発券することがあります。その発券方法のため、キャンセルや変更ができない、つまり払い戻しが全くできないといった条件がつきます。それでも、必ずその日に出発すると確定している人は得です。旅行会社から買わなくても、マイレージが溜まっているのであれば航空会社に連絡してチケットは、発券できます。マイレージは他の商品を購入することもできますが、航空券に使うのが一番得です。とにかくマイレージが絡んでいるのが、一番安いチケットです。

最近は、Eチケットの影響でネットでチケットを発券できるようになり、窓口が必要無いので、旅行会社を通さないで航空会社自体が直接お客様にチケットを売る動きがあります。ANAの場合も早割という条件で格安航空券並みのチケットを売っています。早割なので、いろいろ条件がついてきますが格安チケットとは、条件付きチケットです。旅行会社であっても出発2、3日前などの緊急発券、日本国籍のお客様の片道発券などは日本の航空会社では取扱していません。海外の航空会社では、できるところもあります。

どうしてANA?

ANAのチケットが有利なのは、国内線も地方から成田に飛んでいるところもありますので、時間があえば、国内線と国際線のセットでの格安航空券が買えるところです。別々に買いますと、国内線の部分でかなり損をしますし、預ける荷物の国内線と国際線のルールが違うため、重量オーバー、個数オーバー料金を取られる可能性もあります。セットの場合は、国際線ルールに国内線をあわせてくれます。

成田空港では短い乗り継ぎ時間でも間にあうように、荷物は自動的に国際線に移動しますし、特別の乗り継ぎ通路がありまして手続きも簡単になっています。もし成田から出発の場合は、他の航空会社の格安チケットに料金的に負けてしまいますので、地方のお客様をターゲットにサービスしているのでしょう。

時差が少ないベトナムを満喫しよう!

ベトナムは、ハノイやホーチミンなど観光スポットがたくさんある国です。
近年はダナンやホイアンなどへ旅行する女性も増えています。
そんなベトナムは、日本との時差も少なく、治安も良いので海外旅行にオススメの国の1つです。

ANAの格安航空券を購入すると交通費を抑えることができ、その分ホテルなどをグレードアップすることもできるので検討してみてはいかがでしょうか。
今回はそんなベトナムのオススメ観光スポットを紹介していきます。

ホイアン

ホイアンはベトナム中部のクアンナム省にある古い港町です。
かつて国際交易都市として栄えていた面影を今でも残しています。

特に、中国人街ではその面影を色濃く残した景観を見ることができます。
メインストリートから少し離れた所にある日本人街と中国人街を結ぶ来遠橋(通称・日本橋)は、2つの街を繋ぐ重要な役割をになっていました。
今でもホイアンの人に親しまれています。

ホイアンの古き良き景観は、日本に似た雰囲気も持っているので、ぜひ足を運びたいスポットの1つです。
そんなホイアンは、ランタンの灯った夜景が印象的で幻想的なので、昔ながらの街並みが好きな人はもちろんですが、ノスタルジックな雰囲気が好きな人にもオススメです。

サイゴン大教会

サイゴン大教会は、ホーチミン市のシンボル的な存在になっており、豪華絢爛で美しい風貌で人気のある教会です。

フランス統治時代の名残を残しているので、クラシックな造りになっています。
ハノイにも大教会がありますがそちらと比べると、赤褐色や黄色の鮮やかな壁はヨーロッパの雰囲気を強く感じます。

お昼前後は観光できませんが、午前中の早めの時間を狙うと観光客も少ないので、ゆっくりと見学することができるはずです。
また、教会前には、涙を流したと地元でニュースになったマリア像もあります。

#vietnam #hochiminh #ベトナム #ホーチミン #サイゴン大教会

@ suburban_2がシェアした投稿 –

ハノイ36通り

旧市街であるハノイ36通りは、ベトナムらしい雰囲気を体感するにはもってこいのスポットです。

アオザイを着た人やノンラーと呼ばれる傘帽子を被った人がいるほか、原付バイクや自転車が多くある様子はベトナムらしい雰囲気と言えるでしょう。
週末にはナイトマーケットや各種イベントも行われているので、いろいろな楽しみ方ができます。