ANA正規割引航空券なら格安航空券より便利で安心な空の旅

海外への航空券を購入する際は、正規料金は依然として高額ですから、なるべく安く購入できる方法を探したいものです。その場合にすぐ考えつくのは、旅行会社などで扱っている格安航空券である場合が多いでしょうが、格安航空券にはデメリットも少なくありません。総合的に見たら、かえってANA正規割引航空券を購入したほうが得策である場合もあります。

格安航空券は、航空会社が旅行会社にまとめ売りしたチケットを、旅行会社が顧客にばら売りしているものです。旅行会社には集客力があり、航空会社が店舗を持てない地域の顧客にも対応できます。ネットでも、各旅行会社のサイト愛用者に利用してもらうことができ、結果的に航空会社の利用者を増やすことができます。そのため、旅行会社にまとめ売りしたものがばら売りされる状況も容認しているわけです。本音を言うなら航空会社の正規割引航空券を利用してほしいところでしょう。

正規割引航空券と旅行会社でばら売りされた格安券では、当然後者のほうが安いです。しかし、需要の多いシーズンでは、それほど大きな差はありません。時には価格が逆転することもあります。航空会社をANAに限定すれば、正規割引航空券はさらに割り引かれることが多いので、需要の多い時期は、すぐ格安券にせず、両方を比べてみることです。どちらが安いかはケースバイケースとなります。旅行会社は、航空会社からまとめ買いした席が、自社の設定したツアーで使い切れるなら、個人客にばら売りはしません。そのため時期によっては、販売自体をしていないこともあります。

航空会社は、格安券より、正規割引航空券のほうを何かと優遇します。同様にEconomyclassであっても、予約が取りやすいのは正規割引航空券のほうです。マイレージの加算率でも優遇しています。マイレージをためている場合は、それほど金額に差がない時期なら、正規割引航空券を使ってもそう不利益にもならなそうです。子どもがいる場合は、かえって正規割引航空券のほうがお得な場合が多いです。格安券には子ども料金が適用されないからです。 

旅行会社から購入した格安券は、旅行会社が万が一倒産した場合、使えなくなります。そうした危険が常につきまとうことを考えておかなくてはなりません。航空会社が倒産することもありますが、可能性が高いのは一般的には旅行会社のほうでしょう。正規割引航空券のほうが、倒産リスクはずっと低くなります。