ANAのおトクな海外航空券をご存知ですか

ANAで海外旅行するなら、おトクな格安航空券を利用したいものです。航空会社側からも、早めに予約することで割引されるプランが設定されていますが、インターネットで検索すると、破格の値段の航空をさがせることができます。出発日まで余裕のあるときは、よく検討してからより安い航空券を手に入れたいところです。
航空会社は、可能なら直接顧客に航空券を販売したいのですが、全国津々浦々まで店舗を出すことはできません。

インターネットが使えない人々というのは、現在でもかなりいます。そうした顧客に自社の航空券を買ってもらうために、全国の旅行会社に販売を依頼し、代行してもらっているわけです。顧客に販売する航空券の金額は、航空会社が直接顧客に販売する額と同じです。航空会社は旅行会社に販売手数料を支払います。航空会社が得る利益は減りますが、空席のまま飛行機を飛ばさずに済みます。手数料をいくら支払ってもいいから、とにかく席を埋めたいものなのです。航空会社で店舗を出して運営するより、旅行会社に手数料を支払って販売してもらったほうがずっと得です。

シーズンオフだと、余りがちな席を旅行会社に大量にまとめ売りします。たいへんな割引きをしたうえでです。旅行会社はその席を、顧客にばら売りします。もともと安くてにいれた席なので、格安航空券として販売できます。しかし、搭乗日の変更をされると、余る席だから、と安く大量にまとめ売りした航空会社の目算が狂います。そのため、搭乗日の変更はできません。

子ども料金も適用されないことことがあります。マイルもつかないことがあります。座席指定もまずできません。航空会社としては、人気のありそうな座席は、航空会社の正規航空券を購入した利用者に割り当てたいからです。それをメリットとして、正規航空券のほうに誘導したいところでしょう。

航空会社が旅行会社に、余りそうな席を大量にまとめ売りするときの条件はまちまちです。払い戻しができるかどうか、マイルがつくか、アップグレードできるか、そうしたことは、旅行会社と航空会社が個々に交渉して決めていることです。交渉では値段が優先することが多いものの、その時の契約はケースバイケースなので、ばら

売りされた格安航空券の諸条件については、その都度確認することです。
航空会社の正規割引運賃航空券なら、条件は一定で、わかりやすいというメリットがあります。諸条件は、ばら売りの航空券よりも良いです。