1つだけじゃない! ANA格安航空券の予約可能企業はどこ?

ANAの格安航空券を予約するには、航空券の購入が条件となります。予約だけ可能ということになると、それはオープン航空券を持っていて、予約をとるだけとなりますが、オープンの格安航空券というのは、まずありません。

オープン予約券と株主優待券

正規料金のオープン航空券より安く販売している企業は、もちろんあります。それは、航空会社の株主優待券を使用して、株主割引を使った料金で販売しているからです。航空会社の株主優待券を手に入れても、飛行機に乗る予定のない場合は、株主優待券をチケットショップに買い取ってもらうのが一般的です。

株主優待券はそこそこ人気があり、それなりの値段で売買されています。自分でチケットショップから航空会社の株主優待券を購入し、旅行会社の店頭や航空会社のカウンターでそれを使い、割引価格でオープンの航空券を購入することもできますが、手間がかかるため、初めから、株主優待価格でのオープン航空券を、チケットショップで購入するケースもあります。

航空会社の株主優待券による割引率は、一般的に格安航空券と言われるものより低いですが、オープン航空券というのはかなりの魅力です。航空券の有効期限が切れるまでは、何度でも予約変更できます。予約は旅行会社ならたいがいできますが、オープン航空券の予約をしても、旅行会社にはまったく利益がありません。

オープン予約券の予約方法

ボランティアとして予約を引き受けるところも多いものの、旅行会社や店舗の方針によっては、航空会社に自分で予約するよう促されることもあるかもしれません。実際、電話やインターネットを用いて、利用者が簡単に直接予約できます。旅行会社の店頭で順番待ちをしているより、自分でANAの予約センターに電話したほうがスムーズかもしれません。オンライン予約も簡単にできます。

海外のANAの航空券も、基本的には予約と同時に航空券を購入することになります。格安の航空券となると、搭乗日や便がもうすでに決まった状態で販売されます。オープンで格安ということは、まずないでしょう。チケットショップなら、期限切れ間近の航空券が手に入る可能性はあります。しかし、その場合の予約も、旅行会社を通すより、自分で航空会社に直接電話したり、オンライン予約したほうが早いです。旅行会社によっては、国内の予約はたいがいどの職員もすぐできるものの、海外の予約となると、すぐ対応できないこともあり得ます。人を介してだとワンクッション入りますので、自分でオンラインなどで操作したほうがスムーズです。