出張のための国際線ビジネスクラスがいい理由

飛行機といえば、エコノミークラスが一般的です。短時間程度の移動であれば、エコノミークラスでも問題なく過ごすことができるものです。
しかし、国際線のような長時間の移動の場合、ビジネスクラスの利用も考えたいところです。なぜ、出張のために国際線を利用する場合は、ビジネスクラスがいいのでしょうか。

もしも会社が許してくれるのなら、「ビジネスクラス」を利用しましょう。おそらく、ほとんどの場合は、「エコノミークラスで我慢してくれ」ということになるでしょうが、移動時間が10時間以上といった長距離移動であれば、「ビジネスクラス」を許してくれる会社も多いようです。
まず、飛行機内で勉強などを行う場合、ビジネスクラスでないとおちつくことができません

電車の場合でも、自由席と指定席では集中力の差が出てしまいます。もちろん、エコノミークラスでもすわれるところはあるわけですが、集中したい場合はビジネスクラスには座りたいのです。

また、現地到着後すぐに仕事がある場合も、ビジネスクラスがおススメです。私の経験上では、移動時間が5時間を越えてしまうと、疲労の度合いが一気に上がるような気がします。
普段から5時間以上もすわることが多い人は、少ないのではないでしょうか。例えば、9時に出社して14時まで座り続けて、やっと5時間です。あなたも、5時間も座っていると、すごく疲れると思います。
目的地に到着後、すぐにホテルなどで休めるのならかまわないのですが、すぐに仕事が始まる場合はできるだけ飛行機内で疲れないようにしたいのです。そのためにも、ビジネスクラスの利用が有効的なのです。

ちなみに、Economyclassとビジネスクラスの差は、倍程度と言われています。例え、飛行機に10時間乗っているとしても、倍の差は大きいのではないでしょうか。
しかし、お金に余裕があるのなら、自腹を切ってでもビジネスクラスに乗りたいものです。やはり、ビジネスマンである以上、仕事では最高の120%の力を発揮したいものです。
エコノミークラスで疲れきった状態で仕事をしても、本領は発揮できないのではないでしょうか。お金に余裕があるのなら、自分のお金を使ってでも、ビジネスクラスの利用を考えたいものです。